記憶術とは・・・


大量の情報を急速に記憶するための技術です。
古代ギリシャのシモニデスが開祖といわれ、古代ローマの元老院などでは、メモを使用しての弁論が認められていなかったなどの理由により発達しました。

現在ではともに、入学試験対策や資格試験対策に利用されています。

宮口式記憶術とは、毎日5分ずつのイメージトレーニングを3週間続けることによって、記憶術を身に付け、その後の受験や資格取得に役立ててもらおうというものです。

2009年03月25日

宮口式記憶術と脳

宮口式記憶術の方法は、全脳を使う・・・というものです。

つまり、を効率よく使うわけです。

ですから、普通の暗記みたいな苦労は、あまり必要ありません。

まずは、毎日5分を、記憶術のイメージトレーニングに使い、それを3週間続けます。

その後、覚えたいものをピックアップして覚えていくわけですが、毎日5分、3週間のトレーニング+必要な準備(バックボーンの作成)という手間だけ掛ければ、暗記がぐっとに、かつ、短期間でできる、というわけです。

トレーニング自体は、大変シンプルなものです。

今までにあった方法にも似ているところもあるし、宮口先生がオリジナルで考案されたところもあります。

では、宮口式記憶術は、何の記憶に向いているか?・・・は、カテゴリの「宮口式記憶術が向いているもの」を参考になさってください。ひらめき













アクセスアップ
posted by 宮口式記憶術 at 02:51| Comment(0) | 宮口式記憶術 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする