記憶術とは・・・


大量の情報を急速に記憶するための技術です。
古代ギリシャのシモニデスが開祖といわれ、古代ローマの元老院などでは、メモを使用しての弁論が認められていなかったなどの理由により発達しました。

現在ではともに、入学試験対策や資格試験対策に利用されています。

宮口式記憶術とは、毎日5分ずつのイメージトレーニングを3週間続けることによって、記憶術を身に付け、その後の受験や資格取得に役立ててもらおうというものです。

2009年03月25日

数字の覚え方(リンク法)

リンク法(数字の覚え方)

数字をペグ法で覚えたら、次に宮口式記憶術を使って、バックボーンにアタッチしていけばよいのですが、そのさいに、リンク法も用いると、さらに効果的だと思います。

リンク法というのは、隣り合わせの数字(自分でペグ法で覚えたもの)を、お話を作ってつなげていく・・・というものです。

お話は、自分の覚えやすいものを、考えてください。

このときのお話は、

突飛なもの

おかしいもの

が、効果的です。

たとえば、円周率は3.1415926535・・・ですが、
ここまででしたら、下のような文章も考えられます。

3.「サル」が14「石」の上で15「囲碁」を打っていたら、
92「国」の人がやってきたが、65「ロクなご飯」を食べてなかったので、35「産後」の人のようだった。。。

とか、意味不明なほうが、記憶には残りやすいです。

これを、宮口式記憶術のバックボーンにつければ、かなり記憶に残る率は高いと思います。手(チョキ)









アクセスアップ
posted by 宮口式記憶術 at 01:20| Comment(0) | 宮口式記憶術 数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

数字の覚え方(ペグ法)

ペグ法(数字の覚え方)



数字を覚えるときの方法の一つに、ペグ法というものがあります。



数字の1つ1つを、何かに引っ掛けて覚えましょう・・・というもので、何かに引っ掛けるから、「ペグ法」というのです。



この、引っ掛けるものは、自分で考えてかまいません。

自分で考えたほうが、後々、覚えやすいかもしれません。



たとえば・・・。

「1」は、「い、ひと」

「2」は、「に、ひ、ふ、つー」

というように、語呂合わせでもいいし、



形をとって、

「2」は「あひる」

というのでもいいです。



とにかく、自分が覚えやすいものにしてください。



では、長い数字はどうするかというと、

2桁ずつにすると、簡単になります。



たとえば、

「30」は

「さお」とか、

「00」から「99」まで決めておけば、

かなりの数字を覚えられます。



最初は、ちょっと工夫が必要ですが、最初だけ考えて決めておけば、

後は宮口式記憶術を使って、イメージ力をたかめて、バックボーンにアタッチするだけ、です。わーい(嬉しい顔)











アクセスアップ
posted by 宮口式記憶術 at 20:49| Comment(0) | 宮口式記憶術 数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

数字の覚え方(概論)

strong>数字の羅列って、覚えにくいexclamation×2ふらふらですよね。。





数字を覚えていく記憶の方法としては、





ペグ法:数字を、何かにひっかけて覚える。


    何かというのは、語呂合わせだったり、形の似たものだったり・・・自分が覚えやすいものにする。








リンク法:ストーリーを作り、数字の羅列を覚えていく。まずは、数字をひっかける言葉を作っておき、れを使って、ストーリーを作る。


     難点は、ちょっと時間がかかるとか、面倒くさいとか。。ふらふら





宮口式記憶術は、数字に特化したものではありませんが、記憶術がイメージ力を使って覚えていくものが大半なので、何も知らずに数字を覚えるよりは、効率的といえるでしょう。。





個人的には、数字より文字のほうが向いてるかも、と思いますが。(これは、私が典型的な文系頭のせいかもしれません。ふらふら




アクセスアップ
posted by 宮口式記憶術 at 18:32| Comment(0) | 宮口式記憶術 数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする