記憶術とは・・・


大量の情報を急速に記憶するための技術です。
古代ギリシャのシモニデスが開祖といわれ、古代ローマの元老院などでは、メモを使用しての弁論が認められていなかったなどの理由により発達しました。

現在ではともに、入学試験対策や資格試験対策に利用されています。

宮口式記憶術とは、毎日5分ずつのイメージトレーニングを3週間続けることによって、記憶術を身に付け、その後の受験や資格取得に役立ててもらおうというものです。

2009年03月24日

6つのセクション

宮口式記憶術やり方は、

6つのセクションになります。



1.イメージ化トレーニング

  一日5分、イメージ化するトレーニングをします。  



2.バックボーンの準備  ここに特色があります!



3.覚える内容を整理

  自分が覚えたい内容(本など)をチェックします。  



4.覚える対象のイメージ化

  自分が決めた時間内に内容を整理します



5.覚える内容をバックボーンにアタッチ

  (*アタッチ:くっつけること)

 

  ここに宮口式記憶術の特徴があります。記憶する内容を刷り込ませる素材を用意します。よい素材と悪い素材があるので、注意が必要ですが、写真で説明されています。

 

6.復習

  一般的な復習とは、違います。



宮口式記憶術のやり方は、以上の6つのシンプルなセクションを実践するだけexclamation×2で、それほどの苦労なく、記憶ができます。





アクセスアップ
posted by 宮口式記憶術 at 22:19| Comment(0) | 宮口式記憶術 やり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮口式記憶術とスピード

宮口式記憶術で、イメージするさいに大事なのは、スピードです。



実は、同じことが、高速視聴学習でも言えます。



右脳を使った記憶には、スピードがとても大事・・・みたいです。



なんでかっていうと。。。



私が思うに、ゆっくりすると、左脳に移動して、言葉で考えちゃったりするからではないかしら。



たとえば、本を読むときでも、頭の中で音読してると遅いですよね。

それよりも、イメージで読んでると、ほんとに10分くらいもあれば、ビジネス書なんかは、中身はわかったりしますもんね。



ということで、宮口式記憶術をやろうとするときは、スピードを大事にするように心がけたら、さらに効果的になるかと思います。わーい(嬉しい顔)







アクセスアップ
posted by 宮口式記憶術 at 20:04| Comment(0) | 宮口式記憶術 やり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思考がまとまらないときの記憶術

頭がごちゃごちゃしているときは、宮口式記憶術、どころではありませんよね。わーい(嬉しい顔)



そんなときもあるのは、人間なら当たり前のことです。特に、焦りが出たりすると、頭がごちゃごちゃになりがちです。



しかし、試験なんかが、待ってくれるものではありません。ふらふら



では、思考がまとまらないときは、どうすればよいのでしょうか?



まずは、

1)心を落ち着けます。



コレ、大事ですexclamation とりあえず、じっとして、「今から心を落ち着けます」と、心の中でつぶやいてください。



「そんなこと言っても、無理だよ〜」というあなたは、心を落ち着けるために、

2)呼吸を整えてください。



呼吸法も、難しく言ったらいろいろあるんですが、とりあえず、焦りとかイライラとかいった、いやなものを吐き出すつもりで、まずはゆっくりと息を吐きます。



それから、ゆっくりと吸います。



それから吸った息を丹田(おへその下、3センチくらいのところ)に落とし、そのまましばらく息を止めて、またゆっくりと吐き出してください。(止めなくても構いません。)



この呼吸法を、丹田呼吸といいます。

できるだけ長くやるのが理想ですが、4〜5秒くらいずつでも構いません。



高校生や大人の場合は、この丹田呼吸を20回くらいするのがいいのですが、最低でも3回くらいすると、少し落ち着いてくる・・・と思います。



呼吸をするときは、目をつぶったほうが、私は早く精神集中ができると思います。



呼吸が整って落ち着いてきたら、自分の勉強がはかどっているところや、試験に合格してるところを、できるだけ、ありありと思い浮かべてください。



そうして、目をあけて、宮口式記憶術をすると、頭のクリアーさ加減が違うんですよねexclamation手(チョキ)



能率もアップすると思います。ぴかぴか(新しい)

アクセスアップ
posted by 宮口式記憶術 at 17:02| Comment(0) | 宮口式記憶術 やり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする