記憶術とは・・・


大量の情報を急速に記憶するための技術です。
古代ギリシャのシモニデスが開祖といわれ、古代ローマの元老院などでは、メモを使用しての弁論が認められていなかったなどの理由により発達しました。

現在ではともに、入学試験対策や資格試験対策に利用されています。

宮口式記憶術とは、毎日5分ずつのイメージトレーニングを3週間続けることによって、記憶術を身に付け、その後の受験や資格取得に役立ててもらおうというものです。

2009年03月25日

英単語を覚える苦労

私は、英単語を覚えるのに、暗澹たる気持ちがく〜(落胆した顔)になったことがあります。

それは、アメリカのMBA留学中ではなく、アメリカから帰ってきた後、英検1級がなかなか受からなかったときもうやだ〜(悲しい顔)、でした。

英単語を覚えるのは、8千語から1万5千語くらいがいちばんしんどい・・・

という文章を目にして、思わず、うん、うんとうなづきました。

なぜ覚えにくかったかというと・・・

英検1級くらいになると、単語量は増えるので、いっぱい覚えなくてはならないのだけれど、自分は日本に居て、専門書でも読まない限りは、あまり出くわさない単語が多い。。

ということだったように思います。

結局、覚えては忘れ・・・を繰り返し、ようやっと覚えました。

宮口式記憶術を先にやっていれば、あんなに苦労することはなかったでしょう。。わーい(嬉しい顔)









アクセスアップ
posted by 宮口式記憶術 at 02:05| Comment(0) | 英単語記憶術  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。