記憶術とは・・・


大量の情報を急速に記憶するための技術です。
古代ギリシャのシモニデスが開祖といわれ、古代ローマの元老院などでは、メモを使用しての弁論が認められていなかったなどの理由により発達しました。

現在ではともに、入学試験対策や資格試験対策に利用されています。

宮口式記憶術とは、毎日5分ずつのイメージトレーニングを3週間続けることによって、記憶術を身に付け、その後の受験や資格取得に役立ててもらおうというものです。

2009年03月24日

英単語をイメージで覚える

英単語記憶術



英単語が楽に覚えられたら・・・と思ったことはありませんか?

私は、実は英語講師もしていますが、英単語攻略は、かなり難しいです。

理想的には、文章の中で、使い方と一緒に覚えるのが基本です。



ですので、使える英単語にしたければ、イメージトレーニングを使って、イメージで覚えるのがよいのです。



宮口式記憶術を身に着けますと、イメージ化が楽にできるようになります。





それでは、文章の中で覚えてる時間はない!という人はどうすればよいのでしょうか?

とりあえず、日本語訳と一緒に大量の英単語をに覚えたいexclamationというときは・・・。



宮口式記憶術はこの場合も有効です。



裏技をお教えしましょう。わーい(嬉しい顔)

このときは、リラックスモードに入って、同じペースで、視線をぼーっとして、単語を見つつ、ページをめくればよいのです。覚えよう!と思わずに。。



あなたは覚えてないと思っていても、

目はしっかり見ていて、脳は覚えています。



宮口式記憶術を身に着けると、英単語も楽に早く覚えられるようになります。





アクセスアップ
posted by 宮口式記憶術 at 21:34| Comment(0) | 英単語記憶術  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。