記憶術とは・・・


大量の情報を急速に記憶するための技術です。
古代ギリシャのシモニデスが開祖といわれ、古代ローマの元老院などでは、メモを使用しての弁論が認められていなかったなどの理由により発達しました。

現在ではともに、入学試験対策や資格試験対策に利用されています。

宮口式記憶術とは、毎日5分ずつのイメージトレーニングを3週間続けることによって、記憶術を身に付け、その後の受験や資格取得に役立ててもらおうというものです。

2009年01月06日

大学受験生のためのイメージトレーニング

あけましておめでとうございます。
今年も宮口式記憶術を生かして、仕事や勉強、がんばって行きましょうexclamation×2わーい(嬉しい顔)

とはいえ、大学受験生の皆さんはもうそろそろ大学センター試験ですから、あんまり落ち着かないかな、と思います。

私の知り合いも、結構順調ではありますが、気は抜けない・・・というプレッシャーと、日夜闘っているようです。

でも、宮口式記憶術を有効活用するには、まずはリラックス〜るんるんぴかぴか(新しい)ですからねexclamation
落ち着いて、落ち着いて。。

さて。
今日は、大学受験生のために、大学と縁をつける方法を。手(チョキ)

それは、
自分の行きたい大学の正門で写真を撮って、机の前に飾る、というものです。

大学が遠くて行けない方は、ホームページの写真を伸ばし、それに、自分の写真をくっつけて、合成写真を作ってください。

それを日夜見て、イメージすることexclamationパンチ

きっと、勝利の女神は、最後にはあなたに微笑みますよ。わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
posted by 宮口式記憶術 at 23:06| Comment(0) | イメージトレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。