記憶術とは・・・


大量の情報を急速に記憶するための技術です。
古代ギリシャのシモニデスが開祖といわれ、古代ローマの元老院などでは、メモを使用しての弁論が認められていなかったなどの理由により発達しました。

現在ではともに、入学試験対策や資格試験対策に利用されています。

宮口式記憶術とは、毎日5分ずつのイメージトレーニングを3週間続けることによって、記憶術を身に付け、その後の受験や資格取得に役立ててもらおうというものです。

2008年09月02日

宮口式記憶術と出会って

私が宮口式記憶術を知ったのは、7月でした。

ちょうど、試験勉強中exclamationだったので、欲しくてほしくて・・・ちっ(怒った顔)

でも、こんなのって、わかんないじゃないですか。(爆)

なので、しばらく躊躇してました。

でも、やっぱり欲しいexclamationというか、背に腹は変えられないexclamationし、
返金保証もついているので、思い切って購入しました。


そして、

一日5分のトレーニング。
忙しい中、バックボーンの準備。

もう、試験まで3週間を切っていました。

宮口先生は、目標は定めるのはいいといいますが、あまり試験とかに近すぎると、ストレスを感じるので、そういう状態でするのは勧めない・・・とおっしゃっています。

でも、人って、切羽詰らないとわからないんですよね。。

ということで、直前に作戦変更したのは自分としても、覚えることに関しては、かなり大きな重荷が取り払われて、勉強が楽にできるようになりました。

これから、もうちょっと実践して、どんどん活用して、「安い買い物だったexclamation」とご報告できるよう、頑張ります。パンチ


アクセスアップ

アクセスアップ
posted by 宮口式記憶術 at 21:21| Comment(0) | 宮口式記憶術 体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。